2010年05月21日

今日の収穫

 

現代音楽。悪魔の階段の人。やっぱり怖いよママン。
音楽だけで心臓発作を起こすことができる(推測)
稀有な作曲家(故人)




 

ものすごく好きな作曲家・ギタリストの人で
新譜出ないかなあ、なにやっとんのかいなあ
思うてたら出てました。すみませんでした。




 

アイスランド出身、ポストクラシカルの人。
初めて聴いたときはあまりの美しさに言葉を失った覚えがあります。
(もともと無くすほどの言葉は持ち合わせていませんが!)
若干、叙情的に過ぎるきらいもありますが、よいものはよい!
映画のサウンドトラックだそうですので、映画の方も
観てみなければ。




 

エレクトロニカのオムニバス。
たくさん入ってるので動画は1曲目だけ。




 

ラリプナちゃんかなり久しぶりの新譜(5年ぶりだそうです…)
待ってました。ウィスパーボイスと
憂いを帯びたメロディーとエレクトロニカと。
やっぱりいいですねえ。




 

12弦ギター。うますぎますね。若すぎますね。泣けてきますね。
ミニマル、カントリーでドラマチックな曲調もスゴク良いです。
CD屋さんでは確か「ジョンフェイフィフォロワー」というコーナーに
置かれていましたw わかりやすくていい!
今度あさる。






動画が見つけられない。
『4次元デジタル宇宙プロジェクトの宇宙映像用音楽をベースに、エレクトロニカ・リミックス』とのこと。難しすぎてよくわからない。そもそも4次元って存在するのか?
プロジェクトの詳細はhttp://4d2u.nao.ac.jp/topH.htmlを。4次元の詳細はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%AC%A1%E5%85%83を!
純粋な音響作品もあれば音楽的な曲もあり。サウンドの立体感がすばらしい作品。4次元DVD付



JOEL STERN / objects.masks.props
http://store15nov.shop-pro.jp/?pid=11321589

amazonも動画もみつからないですが上のリンクで視聴ができます。
フィールドレコーディング作品です。
まだよくわかりません。




 

グラブスさんの2008年の新譜。
2年前だから新譜じゃないですが。
ずっと買おう買おうと思って買えてなかったCD。
動画は見つからなかったので昔のアルバムの曲です。

個人的にはジム・オルークよりもグラブスさんのほうが好きなのですが
なぜかというと外見がオルークさんよりもさらにイケてないからです!
というのはうそです。すみませんでした。

この人にしか出せないタイム感で、ギターとヴォーカルが一体となりあふれるように流れ出す豊潤な響きが・・・(途中からどこかのレビューを丸パクリました。




以上、本日の収穫でした。
なお、見栄をはってあいまいな表現で記載していますが、
全部レンタルです。
posted by シーソー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。